サマーキャンプは人間生活を学ぶチャンス

  • シドニーで小学生留学

    • 時差が日本と1時間しかなくすぐに現地の生活に溶け込めることができ、ロングステイ先の人気国ランキングで毎年ベスト3に入るのが、オーストラリアです。
      古くから移民を受け入れ温和な気候もあいまってフレンドリーな人が多いのもオーストラリアの特長です。大自然や野生動物、洗練された街並み、世界遺産も多く魅力が尽きません。

      大学留学が最近こちらで話題になりました。

      その中でも、小学生留学でおすすめなのがシドニーです。人口約430万人を擁する国内最大の都市で、世界各国から多くの人々が集まるオーストラリア文化を代表する街です。
      2012(平成24)年には、「アジアの世紀におけるオーストラリア白書」が政府より策定されました。

      移民や外国人観光客に寛容で、特にアジア人に対して文化習慣面で理解を示し、親日派が多いのもうれしいです。
      30年ほど前から日本語教育ブームが起こり、今も人気の外国語の上位を占めています南半球に位置するオーストラリアは日本と気候が正反対になりますが、シドニーは一番暑い月と寒い月の気温差が少ないことで知られています。小学生留学の夏休みにあたる時期の7月や8月は、日本でいえば晩秋の季節に該当しますので気候的にも過ごしやすいでしょう。


      海外生活がはじめてで、小学生留学ともなれば治安もよく夏の暑い時期に避暑としても暮らせるシドニーは最適です。


      市内の海岸線に横たわるビーチと青空はとても美しく、ハーバーブリッジやオペラハウスにみられる近代建築、古きよきイギリスの栄華を感じ取れる歴史地区のロックスなど市内には小学生留学において感性を豊かにする風景が点在しています。

      お客様に相応しいgoo ニュースの情報が満載です。

      本場ネイティブの生の言葉を聞いて生活でき、世界各国の観光客や留学生と英語でコミュニケーションをとる。

      最初は挨拶からはじめる、世界で暮らす多くの外国人はそうですね。



      そんな移民文化に慣れた多様性溢れるシドニーでの留学を、おすすめします。